相続放棄って?

MENU
 

相続放棄って?

死亡した被相続人に借金が多く遺産額がマイナスになる場合など、相続放棄によって、被相続人の資産を承継しないかわりに、被相続人の借金も引き継がないことになります。

 

 

亡くなられた親に、借金が多く、資産が少ない場合など、親の借金を整理するための有効な手段です。

 

 

相続放棄は、家庭裁判所に申立することになりますが、その申立には期限があり、相続の開始があったことを知ってから、3か月以内に、所轄の家庭裁判所に相続放棄の申し立てをしなければならないとされています。

 

被相続人が死亡してから3ケ月以内に、被相続人の資産、債務を調査することは困難であることから、特別な事情があれば、3ケ月の期限を延長するよう、家庭裁判所に申立することも認められています。

 

 

また、相続の開始が知った時とは、具体的に、被相続人の資産状況を認識した時からとする判例もあり、被相続人が死亡してから3ケ月経過した後にも、相続放棄が認められたケースもあります。
相続放棄をした場合、被相続人の過払い金も承継することができなくらりますので、相続放棄は慎重にしましょう

 

 

 

債務整理デメリットの影響について







あなたに合った法律相談所がすぐに見つかります。《無料》


まずはあなたに合っている法律事務所探しから始めましょう。

以下はたった3ステップ、匿名で利用できる無料診断サービスです。