民事再生のメリット・デメリット

MENU
 

民事再生のメリット・デメリット

民事再生には、メリットだけでなくデメリットがあり、それぞれを比較しながら民事再生されたほうがよろしいかと思います。

 

民事再生のメリット

1.住宅ローン以外の借金を最大で、5分の1まで減額することができます。

  ※あくまでも、最大ですので、総資産が大きい方は、さほど減額されません。
民事再生の手続きで、どれほど減額されるかについては、無料電話相談までお問い合せください。

 

2.住宅、自動車等の資産を処分されることなく、借金を整理することができます。

  ※ただし、自動車ローンで車を購入された場合には、自動車ローンも整理の対象となりますので、引き上げられてしまいます。

 

3.自己破産とは違い、宅建、保険外交員等の資格制限はありません。資産を処分されたり、資格制限による職業上の制限もありません。

 

 

 

民事再生のデメリット

1.総資産が大きい方、例えば、住宅の査定価値が大きい場合や退職金見込み額が大きい場合など、住宅ローン以外の借金は、大きく減額されません。また、給与所得者等民事再生の手続きでは、給与所得が大きい方、扶養家族が少ない方は、可処分所得が大きくなることが予想され、同様に減額されないことがあります。

 

2.不動産担保ローンが住宅に登記されている場合や、住宅ローンの支払いを滞納し、保証会社に代位弁済されてから、6ケ月経過している場合には、民事再生の申立はできません。

 

3.任意整理とは違い、すべての借金を整理の対象とするため、保証人が付いている借金や会社からの借金も整理の対象とすることになります。

債務整理デメリットの影響について







あなたに合った法律相談所がすぐに見つかります。《無料》


まずはあなたに合っている法律事務所探しから始めましょう。

以下はたった3ステップ、匿名で利用できる無料診断サービスです。