債務整理の影響って?

MENU
 

債務整理の影響って?

債務整理は、借金、債務をいかに減額するだけではなく、相談者の方のそれぞれの事情を考慮しなければ、相談者の方の生活を守ることができません。

 

例えば、借金を最も減額する方法として、自己破産が考えられたとしても、給料の振込口座の件で、任意整理の方法を選択せざるを得ない時もあります。
資格制限の問題で、民事再生を選択せざるを得ないときもあります。

 

 

会社からの借金があったり、友人からの借金があったりして、勤務先、友人に迷惑をかけたくないっていうことから、
自己破産、民事再生以外の債務整理の方法、つまり、任意整理を選択することもあるでしょう。

 

 

なぜなら、自己破産、民事再生は、すべての借金を債務整理の対象にしなければいけないからです。

 

同じようなことが、保証人がついている借金についても、言えることです。

 

 

このように、債務整理借金整理は、単に、借金を減額させる、借金の支払いをなくすだけではなく債務者の方の
事情、生活状況などを考慮して、真に、この方にあった最善の債務整理の方法を選択しなければいけません。

 

そこで、この債務整理、借金整理が、相談者の方にいかなる影響を及ぼすか、相談者の方の具体的状況に応じて、まとめてみました。

 

債務整理、借金整理を考えている方、ご参考にしてください。

 

債務整理デメリットの影響について







あなたに合った法律相談所がすぐに見つかります。《無料》


まずはあなたに合っている法律事務所探しから始めましょう。

以下はたった3ステップ、匿名で利用できる無料診断サービスです。


債務整理の影響って?記事一覧

住宅ローンを組まれている方が、住宅を守りながら債務整理をする方法として、民事再生と任意整理が考えられます。民事再生は、住宅ローン以外の借金を最大で5分の1まで減額する方法です。ただし小規模民事再生では、①住宅ローンの借金の5分の1(最低でも100万円)②総資産、いずれかの大きな金額を、給与所得者等民事再生では、①と②を加えて、③可処分所得2年分、いずれかの大きい金額を支払っていく手続あなので、小規...

一般的な消費者金融のキャシングであれば、①利息の引きなおしによる残金の減額、さらに原則として、②将来利息のカットの交渉が可能ですが①不動産担保ローンの利息は、キャッシングに比べ低いことが多く、利息の引きなおしをしても借金の残金がさほど減額されず、②将来利息のカットの交渉につきましても、根抵当権あるいは抵当権が設定されていることもあり、交渉が難しく、利息を大きく下げることは困難な状況です。将来利息に...

会社員の方の債務整理で注意しなければいけないことは、給料の振込口座です。会社員の方が、給料の振込口座の銀行からカードローンがある場合(ない場合は問題になりません)、その借金を整理の対象とした場合には、その振込口座は凍結されてしまいます。凍結されますと、会社から給料の振込はされるますが、引き落としができなくなります。そこで、給料の振込口座を、勤務先に連絡して変更していただく必要がありますが、振込銀行...

公務員の方の借入の最大の特徴は、共済組合からの借入があるということです。民事再生、自己破産を選択した場合、すべての借金を対象とする必要があることから、共済組合からの借金にも介入せざるを得ません。そこで、状況が、職場に知られる可能性があります。このような状況を避けるためには、共済組合からの借金を債務整理の対象から外す必要がありますが、任意整理の方法を選択した場合に、自己破産、民事再生に比べ、月々の返...

自営の方の借入の特徴は、事業用の融資を受けたことで借入金額が大きいことです。そこで、債務整理の方法として、まず、検討すべき方法として、自己破産が考えられます。自己破産をした場合、査定価値20万円を超える資産が清算され、その結果、事業を継続できなくなる事態が考えられます。しかし、事業継続ができない事態は、資産を清算した結果であって、自己破産の目的ではありません。事業用融資であっても、商工ローンからの...

主婦の方の借金の特徴として、夫、家族に秘密にされていることが多いということです。借金の理由についても、自らのギャンブルや浪費によるものは少なく、生活費、お子様の学費の不足の補てんなど、つまり家族のために使った借金であることが多いのですが、借金自体は、家族には秘密にされて、いらっしゃる方が多いかと思います。債務整理の方法としては、任意整理であれば家族から書類をいただくことがなく、最も秘密を守れる方法...