借金の時効Q&A

MENU
 

借金の時効Q&A

住民票の住所を移したら、知らない業者から、督促が届きました。どうすれば、よろしいですか?

このような場合、債権を回収されないことを覚悟の上、二束三文で売買されて、債権譲渡されていたり、保証会社に代位弁済されているかと思います。保証会社では、訴訟を提起することも考えられ、早めに配達証明書付内容証明郵便で時効の援用をする必要があります。

 

 

 

時効の援用は、どのようにすればよろしいですか?

配達証明付内容証明郵便で、貸金業者に郵送します。書類は、3通同じものを作成し、郵便局に持ち込むことになります。具体的な、書式については、お問いあわせください。

 

 

消費者金融から借金をして、最後の取引日、返済日から5年経過しました。必ず、時効援用できますか?

借金の時効は、最後の返済日または取引日から、単に5年経過すれば完成するものではなく、援用の意思表示をすることが必要になります。証拠を明確に残すため、配達証明付内容証明郵便で通知することが必要です。

 

 

時効が援用できたと思いますが、うっかり貸金業者に一部返済してしまいましたが、今からでも時効を援用できますか?

時効期間満了後、一部返済、債務承認することによって、信義則上、すなわち相手方の信頼を保護するため、時効を援用することはできません。しかし、貸金業者が信義則上、保護されないといえる状況であれば、必ずしも、時効を援用できるとの判例もあります。(札幌簡平成10.12.22)(東京簡平成11.3.19)いずれにしても、時効期間満了後、一部返済することは、その後の交渉を難しくするので、貸金業者とお話される前に、弁護士に相談することをお勧めします。

 

 

 

父が亡くなり10年経過し、その間、いくつかの相続財産を処分してしまいました。もはや、相続放棄はできないと思いますが、時効援用は出来ますか?

相続財産を処分することで、法定単純承認をしたことになり、相続放棄は、もはやできません。亡きお父様の借金については、相続人間で、分割承継され、各相続人が、自ら相続した範囲内で、時効援用をすることになります。

 

債務整理デメリットの影響について







あなたに合った法律相談所がすぐに見つかります。《無料》


まずはあなたに合っている法律事務所探しから始めましょう。

以下はたった3ステップ、匿名で利用できる無料診断サービスです。