借金の時効って?

MENU
 

借金の時効って?

借金の時効とは、債務者の方が何らかの事情で支払いを停止し、最後の取引日、もしくは返済日から、消費者金融、銀行、信販会社であれば、5年(商法522条)、個人間の貸し借りであれば10年(民法167条)経過している場合、時効を援用することによって、借金を消滅させる制度です。

 

上記の期間、支払いをしていないとしても、差押、支払命令、業者からの請求(ただし、6ケ月以内にさらに裁判上の請求をする必要があります)、債務の承認等があれば、時効が中断してしまいます。

 

また、判決が確定した場合には、時効期間は10年に延長されます。

 

時効の期間が経過したにもかかわらず、時効を援用する前に業者に支払をしてしまったということがあるかと思います。

 

その場合には、原則、信義則上、時効を援用できません。

 

借金の時効援用の方法は、証拠を確実に残すため、配達証明付内容証明郵便で、時効援用の文書を貸金業者に送付します。

債務整理デメリットの影響について







あなたに合った法律相談所がすぐに見つかります。《無料》


まずはあなたに合っている法律事務所探しから始めましょう。

以下はたった3ステップ、匿名で利用できる無料診断サービスです。


借金の時効って?記事一覧

住民票の住所を移したら、知らない業者から、督促が届きました。どうすれば、よろしいですか?このような場合、債権を回収されないことを覚悟の上、二束三文で売買されて、債権譲渡されていたり、保証会社に代位弁済されているかと思います。保証会社では、訴訟を提起することも考えられ、早めに配達証明書付内容証明郵便で時効の援用をする必要があります。時効の援用は、どのようにすればよろしいですか?配達証明付内容証明郵便...