任意整理って?

MENU
 

任意整理って?

債務整理借金整理の手続きの中で任意整理とは、裁判所を通さずに弁護士、認定司法書士、もしくは個人で、消費者金融、信販会社等と直接交渉し
原則、これからの将来利息をカットした上で月々の返済金額を下げた和解契約を締結し、分割返済することを言います

 

たとえば

 

貸金業者との29.2%の利息で契約されている場合利息制限法の範囲内の利息(15%から20%)に引き直しをして借金を減額します。

 

利息制限法への利息の引き直しで、過払い金が発生していることもあります。

 

 

平成22年6月18日から、貸出総量規制が始まり、借入金額の総額は収入の3分の1までに制限されることになりました。
以前のように、返済のために借入をすることが制限される場合も考えられます。

 

そこで、このホームページをお読みになって、債務整理として任意整理を検討してみてはいかがでしょうか?

 

利息制限法の利息
  • 元本が100,000円未満の場合

    20%

  • 元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合

    18%

  • 元本が1,000,000円以上の場合

    15%

 

 

利息制限法は、ショッピング、自動車ローンなど、立替金には適用されません。
仮に、借金が残ったとしても、原則、これからの利息を0%にして(つまり、利息を発生させず、確定させます)3年から5年かけて返済していきます。
利息を発生させませんので、返済すれば返済した金額が減ることになります。

 

 

ただし、最近は、多くの資金業者で、事務所が介入した以降の経過利息を請求してくる業者もあります。

 

一部の貸金業者は、将来利息を請求してくるケースもあります。

 

不動産担保ローンの場合、将来利息をカットすることは、難しいです。
将来利息10%ほど請求されることがあります。

 

分割返済の回数につきましては、貸金業者により異なり、36回から60回になりますが、最近、一部の業者は、一括で請求する業者も出てきています。

 

日々、任意整理、分割和解の交渉も、貸金業者の経営状態が悪化するにつれ、難航するようになりました。
債務整理の手続きの中で、任意整理は、自己破産、民事再生、他の債務整理の手続きと違い、債務整理の対象とする借金を選ぶことができます。

 

 

状況に応じた債務整理、借金整理が可能

また、任意整理では、保証人がついている借金、会社からの借入、共済組合からの借入などをはずすなど、状況に応じた債務整理、借金整理が可能です。

 

自己破産、民事再生を利用した場合には、すべての借金を債務整理しなければいけません。

 

 

平成22年6月18日から、貸出総量規制がはじまり、借入総額は収入の3分の1までとされます。
新たな借入ができなくなった方には、借金問題を解決する債務整理の方法として任意整理が、有効です。

債務整理デメリットの影響について







あなたに合った法律相談所がすぐに見つかります。《無料》


まずはあなたに合っている法律事務所探しから始めましょう。

以下はたった3ステップ、匿名で利用できる無料診断サービスです。


任意整理って?記事一覧

任意整理には、メリットだけでなくデメリットがあり、それぞれを比較しながら任意整理されたほうがよろしいかと思います。任意整理のメリット1.保証人がついている借金や、会社からの借金を整理の対象から外し、生活に支障が出ないよう調整することができます。 2.自己破産、民事再生と違い、書類収集申立書作成をする必要がなく手続きが簡単です。ご依頼いただいた後は、司法書士が貸金業者との交渉をすすめていきます。官報...

司法書士に依頼した場合の任意整理の流れ司法書士に債務整理のご相談・ご依頼。※カード、認印、本人確認のための運転免許証もしくは健康保険証等を持参することが多いかと思います。司法書士に依頼した場合、司法書士は各債権者に受任通知を発送する。※残金がある場合、受任通知を送付した時点で貸金業者からの督促がとまります。各業者が出してきた取引履歴を基に利息制限法による利息の引き直し計算をします。引き直し計算によ...

既に支払いを滞納しております。このような場合でも任意整理はできますか?司法書士が貸金業者に介入通知を送付しますと、貸金業者は、貸金業法の規定により、督促、取り立てをすることが出来なくなります。その結果、お支払いは、滞納しているものも含めて直ちに止めていただきます。貸金業者からの督促が止まる結果、生活が落ち着くかと思いますので、お早めにご相談下さい。給料の振込口座である銀行からも借金があります。任意...