債務整理デメリットの影響が心配の方は見てください

MENU
 

債務整理って?

 

債務整理,デメリット,影響

債務整理とは、借金を整理し、借金問題を解決することをいいます。

その債務整理のデメリットについては、やはり知っておく必要があるでしょう。
ただし、そんなに不安がる必要はありません。

 

専門家に相談することできっと明るい未来は開かれます。

 

まずは、しっかり理解し、そして専門家へ相談してください。

 

 

ここだけは読んでください

 

債務整理(借金整理)は、法律の言葉がたくさんでてきて
理解するのが大変だと思っていませんか?
また、その難しさがゆえに誰にも相談できてないのでは?

 

それは、あなただけではありませんよ。みんな同じです。

 

人は借金に追われると余裕を無くします。

 

そんな状況では冷静に判断出来るハズがありません。

 

もう一人ではどうすることも出来ないのではないですか?

 

このホームページにも、専門用語が沢山出てきますが頑張って一度お読みください。
ただ、全部理解する必要もありません。

 

一読することで、全体の流れはつかめると思います。

 

あとは専門家に任せればいいのです。

 

 


このホームページで、『債務整理』や『任意整理』について学んでもいいですし
もし、あなたが今すぐにでも借金返済の解決をしたいのであれば
専門家にメールで相談出来るサービスを使ってみてもいいと思います。

 

一人で悩まず、専門家に相談して下さい。
迷わずに一歩を踏みだせば、きっと光が見えるハズです。

 

きっと、すぐに笑顔を取り戻すことができますよ。

 

 

 

 

 

借金問題に悩みは解決できます!

たとえば、このような借金問題に悩み、借金相談をお考えの方は、いらっしゃいませんか?

 

  • 長い間、借入、返済を繰り返し、借金が減らない。過払い金請求
  • 今月の支払いが難しい。任意整理
  • ショッピングの一括の支払いができない。任意整理
  • 保証人に迷惑をかけたくない。任意整理
  • 住宅ローンとそれ以外の借金があって、返済が困難。 民事再生もしくは任意整理
  • 借金の返済が全くできない。自己破産
  • 債務整理をしたいが、自分で債務整理をしたい。特定調停
  • しばらく支払っていなかったが、最近、知らない貸金業者から督促が来た。借金の時効援用
  • 亡くなった家族に借金がある。相続放棄

このような借金問題を解決する方法が、債務整理、借金整理です。

 

平成22年6月18日から、貸出総量規制が始まりまり借入金額の総額は総収入の3分の1までに制限されることになりました。

 

このホームページをお読みになって、一刻も早く、借金問題を解決して下さい。

 

借金整理は、単に、借金を減額させるだけではなく債務者の方の事情、生活状況などを考慮して、最善の債務整理の方法を選択しなければいけません。

 

また、どのような債務整理の方法を選択するのか?ご本人の希望も重要になります。

 

そこで、債務整理が生活にどのような影響を及ぼすか、債務整理の影響についてまとめてみました。

借金整理の決方法

借金整理の決方法は、このような方法があります。

 

 

消費者金融、信販会社等から、概ね5年以上借入、返済を繰り返して来られた方。もしくは、完済されてから10年経過していない方。

 

過払い金請求を検討します。

 

現在の借金、債務が無くなり、さらに過払い金請求が発生しているかもしれません。
ショッピング、立替金については、利息制限法の適用がありません。
しかし、ショッピングも借金整理をして、将来利息カットし分割返済の交渉ができます。
自動車ローン、住宅ローンには、利息制限法の適用がありません。

 

>>法律相談無料<<

 

 

 

 

消費者金融、信販会社、銀行等から概ね3年以下借入返済を繰返して来られた方。最近借入をされた方、ショッピング(立替金)による借金がある方。借金が残ったり、減額が期待できない方。

 

原則、これからの利息をカットする任意整理を検討します。

>>法律相談無料<<

 

 

 

 

住宅ローンを組まれている方。

 

民事再生もしくは任意整理を検討します。

 

住宅ローンがあれば、即、民事再生とういうことではありません。
>>法律相談無料<<

※住宅ローン以外の借金を最大で5分の1まで減額し、原則3年かけて返済します。
※任意整理と違い、すべての借金を対象に、申立をしますので、勤務先からの借金がある場合、勤務先に自己破産をすることがし知られることになります。
※民事再生、任意整理、どちらによるかは、借金がどれだけ減額されるか、手続き上支障がないか等を総合して判断します。

 

 

 

 

借金の返済が全くできない。

 

自己破産の方法を検討します。

>>法律相談無料<<

 

※借金全額免除される代わりに、査定価値20万円以上の資産は処分されます。つまり、自己破産した場合、すべての財産を失うのではありません。
※すべての借金を対象に、申立をしますので、勤務先からの借金がある場合、勤務先に自己破産をすることがし知られることになります。

 

 

 

 

債務整理をしたいが、自分で債務整理をしたい。

 

特定調停を検討します。

>>法律相談無料<<

 

※低額の費用で、借金整理ができます。

 

 

 

しばらく支払っていなかったが、最近、知らない貸金業者から督促が来た。

 

借金の時効援用を検討します。

>>法律相談無料<<

 

※最後の返済から5年経過している場合、借金の時効援用ができる可能性があります。

 

 

 

 

亡くなった親に借金がある。

 

相続放棄を検討します。

>>法律相談無料<<

 

※親の資産を継承しないかわりに、借金も引き継ぎませんが、過払い金が、発生していた場合、相続放棄してしまうと、過払い金も請求できません。

 

Yahoo検索ワード

以下のキーワードは、検索サイトYahooで「借金」、「債務整理」、「過払い金」、「任意整理」、「自己破産」などと検索すると
サジェスト画面(予測ワード)で、出てくるキーワードです。

 

だいたいは、内容が薄い広告サイトとなっています。
その先のサイトは、しっかりしたサイトなので問題はありませんが
「うん?」と思う方も多いと思いますよね(^^;

 

Yahooサジェスト検索で出てくるキーワード一覧

しゃっきん整理:ラボ
借金地獄からの脱出法
街角法律事務所体験談
過バライ金請求 借金相談ホットライン
過バライ金_債務解消サポーター
金買取太田